弁護士の専門分野

弁護士に専門の分野のようなものはありませんが、それぞれの弁護士事務所で扱っている案件の多い分野というのがあります。
おもな取扱案件は、債務整理、相続・遺言、労働問題、離婚問題、交通事故、刑事事件、民事事件、少年事件などに分かれています。
弁護士事務所のサイトを見ると、複数の取扱案件が並んでいます。
弁護士事務所には複数の弁護士が雇われていますから、それぞれの弁護士ごとに得意な案件が存在するということもあるでしょう。

大手の弁護士事務所の場合は、扱っている案件が豊富で弁護士の数も多いですから、どんな案件でも持ち込めば相談に応じてもらえます。
しかし、少ない人数の弁護士事務所となると、扱っている案件が決まっている場合があります。
それぞれの弁護士事務所の強みを活かして、離婚問題が得意であれば「離婚弁護士」という看板を掲げていますし、借金問題を専門に扱っている弁護士もいます。
弁護士事務所によって実績のある分野とない分野がありますから、得意な分野のある弁護士事務所に依頼することです。
不得意な分野の場合については、依頼を断られることもあります。

大きな特徴として、借金問題を専門に扱っている弁護士事務所は、相談料を取らないところが多くなっています。
通常は弁護士事務所に相談するだけで、1時間5,000円程度の相談料がかかります。
借金問題について相談したい人は金銭的に困っていることが多いことから、相談料がかからないようにしているのでしょう。


<管理人特選サイト>
慰謝料問題を専門に扱っている弁護士事務所のサイトです → 弁護士 慰謝料

Copyright © 2014 弁護士に専門分野ってあるの? All Rights Reserved.